バレニクリンニュース 経口禁煙補助薬チャンピックス(バレニクリン)、国内で初めて販売へ

ファイザー(東京都渋谷区)は29日、禁煙治療を目的に開発された、国内初めての経口禁煙補助薬「チャンピックス」(一般名・バレニクリン酒石酸塩)の製造販売承認を取得したと発表した。

 これまでの禁煙補助薬は、口内粘膜、皮膚から吸収するガムタイプやパッチタイプで、たばこ代わりにニコチンを補充して禁煙に伴うイライラ感を抑える仕組みだった。これに対し、チャンピックスは、ニコチン依存に関係する脳内の受容体に働きかけ、禁煙によるイライラ感、喫煙に伴う満足感も抑制することで禁煙効果を発揮するという。

 チャンピックスは0・5ミリ・グラム錠と1ミリ・グラム錠の2種類。投与期間は12週間で、医師の処方が必要になる。2006年8月に米国で販売が開始され、世界60か国以上で承認されている。

(2008年1月29日19時56分 読売新聞)



ついにバレニクリンの製造承認が下りました。
これで、もっと禁煙補助薬として、バレニクリンが身近になってくるものと思います。ただし、米国では、バレニクリンを服用した方の異常行動があがっており、医師の指示のもと、正しい処方が大切になります。

ただ、投与期間12週間で禁煙効果が現れるのならば、禁煙したい方にとって、かなり魅力的なのではないでしょうか。

トップ > バレニクリンニュース > バレニクリンニュース 経口禁煙補助薬チャンピックス(バレニクリン)、国内で初めて販売へ

バレニクリン

chantix.jpg

にほんブログ村 健康ブログへ
※健康サイトのランキングです!
検索ボックス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。