バレニクリン 飲む禁煙薬は喫煙者を救う!?

米国では、約5000万人の喫煙者の7割が禁煙を望んでいると言われ、潜在市場として以前から注目されている。

 米国では毎年、喫煙者の半数が禁煙を真剣に試みる。1年経っても吸わないでいられる成功率は、意志だけの場合わずか3〜5%。禁煙パッチや禁煙ガムの助けを借りても15〜25%。そのため「バレニクリン」の潜在市場は年間10億ドル以上と見られている。



これは、ある記事からの抜粋。
バレニクリンに関する情報です。

米国では、喫煙者が5000万人いるといわれています。日本の人口でいったら、半分弱です。すごい数ですよね。


それで、ここからが重要。


なんとその喫煙者たちの約7割が禁煙したいと臨んでいるというのです。そのため「バレニクリン」の潜在市場は年間10億ドル以上と見られているというのです。これってすごい市場ですよ。

一社独占となれば、1000億円市場をまるがかえできるわけです。ファイザーとしては、大きな市場を手に入れることができます。


それで、このデータはあくまで米国ですが、日本でも同じようなことがいえます。最近、喫煙者の片身が狭い。。。。って思っている方も多いのではないでしょうか。都内の駅構内はほぼすべて禁煙スペース、路上の喫煙も禁止。社内では、別フロアや外に行かなければ、喫煙できない。。。。


こんな状態なら、禁煙したいと思っている方も多いのではないでしょうか。


仮に日本でも禁煙したいという潜在市場があるとしたら、大きな市場になりそうです。医薬品では、年間100億円の売り上げをあげたら、ヒットといわれています。それだけにバレニクリンは、大ヒットの予感をただよわせています。


2008年、春頃の発売予定です。


今後の動向に目が離せません!

トップ > バレニクリンと禁煙 > バレニクリン 飲む禁煙薬は喫煙者を救う!?

バレニクリン

chantix.jpg

にほんブログ村 健康ブログへ
※健康サイトのランキングです!
検索ボックス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。