2017年11月の記事一覧

バレニクリンニュース 経口禁煙補助薬チャンピックス(バレニクリン)、国内で初めて販売へ

ファイザー(東京都渋谷区)は29日、禁煙治療を目的に開発された、国内初めての経口禁煙補助薬「チャンピックス」(一般名・バレニクリン酒石酸塩)の製造販売承認を取得したと発表した。 これまでの禁煙補助薬は、口内粘膜、皮膚から吸収するガムタイプやパッチタイプで、たばこ代わりにニコチンを補充して禁煙に伴うイライラ感を抑える仕組みだった。これに対し、チャンピックスは、ニコチン依存に関係する脳内の受容体に働…

バレニクリンニュース 米ファイザー、飲む禁煙薬で警告・服用で異常行動の懸念

製薬世界最大手の米ファイザーは18日、飲む禁煙薬「チャンティックス」を服用した患者がうつ状態になったり自殺したりする懸念があると警告した。米国で医師に配布する説明書にこうしたリスクを詳細に記載し、患者の行動をよく監視するよう呼びかける。日本でも「バレニクリン」の呼称で同薬の発売を計画している。  服用と精神疾患の因果関係は今のところ明らかではない。ただ服用後に興奮しやすくなったり自殺願望を抱くなど…

バレニクリンニュース 喫煙は糖尿病のリスクも高める!??

喫煙は、肺がんと心臓病を引き起こすだけではもの足りないようだ。喫煙者は糖尿病になるリスクも高いことを、スイスの研究チームが発見した。医学雑誌「ジャーナル・オブ・アメリカン・メディカル・アソシエーション」12月号によると、タバコを常用する人は、非喫煙者に比べ、「2型糖尿病」になるリスクが44%高まるという。  「喫煙と糖尿病の関係性を裏付ける調査報告はすでにいくつかあるのですが、今回のように多数の結果…

バレニクリンニュース 東京都内のタクシー全面禁煙がスタート!

バレニクリンというよりも、禁煙ニュース。たばこを吸わない人にとって、それほど気にすることではありませんが、2008年1月7日から東京都のタクシーすべて禁煙することになりました。個人的には、たばこ嫌いなので、すごくいいことです。これは、法人タクシーの業界団体である「東京乗用旅客自動車協会」と、それ以外のタクシーが加盟している「東京都個人タクシー協会」が自主的に決めたことです。詳しくはこちらタクシー…

バレニクリンニュース ファイザー日本法人、勤務中は全社員禁煙・治療薬の発売控え

製薬世界最大手である米ファイザーの日本法人は2008年4月から約5000人の全従業員に勤務時間中の原則禁煙を求める。同社は08年中に飲む禁煙薬「バレニクリン」を発売する予定で、これに先立ち自ら禁煙を実践する。 ファイザー日本法人が現在、東京・新宿の本社内を禁煙にしているが、各地の営業所などは禁煙にしていない。今後は病院などをまわる営業要員(医薬情報担当者=MR)約2400人も勤務中禁煙の対象とし、営業車の中も0…

バレニクリン

chantix.jpg

にほんブログ村 健康ブログへ
※健康サイトのランキングです!
検索ボックス

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。